Ad Accelerator使用でYoutubeから広告ブロックの警告

2024年6月10日

Chrome拡張、Ad Accelerator使用で広告ブロック警告が表示される

Ad Acceleratorとは

Ad Acceleratorは、Chrome拡張機能でYoutube動画に挿入される広告を早送り、無音にしてくれるものです。この拡張機能を有効にしてYoutubeを視聴すると広告が瞬時に終わり動画の続きを見ることができます。動画が表示されなくなるわけではなく、早送りされます。

参考記事:Chromeの拡張機能、Ad acceleratorでYoutube広告を自動で早送り、無音化する

Youtubeから広告ブロックの警告

Youtubeで広告ブロックを使用していると、警告が出るようになったようです。
広告ブロッカーの利用は、Youtubeの利用規約で認められていません
広告ブロッカーの利用は、YouTubeの利用規約で認められていません

  • 広告ブロッカーを使用されているようです。YouTubeを許可リスト(アローリスト)に登録するか、広告ブロッカー自体を無効にしない場合、動画の再生がブロックされることがあります。
  • 世界で数十億人に上るユーザーがYouTubeを使えるのは、広告のおかげです。
  • Youtube Premiumに加入すると広告なしでもクリエイターがあなたの視聴によって収益を得ることをサポートできます。

と、書かれた警告が出ます。広告ブロッカーを使うことは良くても、YouTube広告は例外にする設定にしろということですね。その下にある、YouTube広告をブロックするのをやめるをクリックすると、以下のようになります。

どの拡張機能を使用していますか?

AdBlock、Adblock Plus、uBlock Originといった広告ブロッカーで、Youtube広告をブロックさせないように設定する方法を説明しています。ここにAd Acceleraterはありませんので、その他をクリックして、ブロックをやめましたよとページを更新すれば、動画が見られるようになります。ただ、本当に拡張機能を無効にしなくても大丈夫でした。

一度警告されたが、引き続き使用可能

この後、再び広告ブロックを検知して警告されることもなく、引き続きAd Acceleraterを利用することができました。今後も警告されないとは限りませんので、2024年6月現在のこととさせていただきます。ただし、今後もたまに広告ブロックとして検知されます。