9歳小学校4年生でプロの囲碁棋士の女の子が誕生

史上最年少、仲邑菫(なかむらすみれ)新初段が囲碁のプロ棋士に

日本棋院の発表によると、大阪市の小学校4年生が、囲碁のプロ棋士になりました。デビューは2019年4月(10歳0か月)になるそうです。

中村菫

英才特別採用推薦棋士第1号

本来囲碁のプロ棋士になるには、日本棋院もしくは関西棋院の院生になり、採用試験に合格するのが多いパターンですが、今回例外として設けられた英才特別採用推薦での合格です。トップ棋士6名の審査を受け、全員が合格を認めたそうです。院生については、漫画やアニメにもなったヒカルの碁でやってましたね。ヒカルの碁は、現在ではちょっとルールや条件が変わっちゃっているところがあるかな。中邑菫新初段の父親は、中邑信也九段です。やはり産まれた時から碁盤碁石が常に近くにあり、気が付いたら碁盤に向かっていたという程でしょうから、才能の開花は早かったのでしょうね。

中学生中にはタイトルを取りたい

記者会見では、中学生の間にタイトルを取りたいと語っております。学校に通いながら囲碁の対局にも出て、大変そうです。といってもまだ小学生なんですよね。日本の囲碁は中国、韓国に後れをとっておりますが、将来は世界で戦える棋士になって欲しいと思います。2017年、将棋の藤井聡太七段の話題が多く取り上げられたように、2019年は囲碁の中邑菫初段の話題が多く出てくるでしょうか。


ヒカルの碁 22話 院生試験