新元号公表は4月1日11時30分、国民1番人気の安久は可能性薄いようです

4月1日10時20分ごろ、新元号が閣議で決定される

今日3月30日、いよいよ平成も残り1か月と2日となりました。新元号は4月1日に公表されるとこのブログでも過去お伝えいたしました。予定通り、4月1日公表となったわけですが、当日の段取りがわかってきました。新元号の決定は10時20分ごろ、閣議で決定されるそうで、公表は11時30分になり、正午から安倍首相が新元号の意義などを説明するようです。

新元号は公表まで機密事項、万一漏れて報道された場合は変更もあり

10時20分から1時間10分ほどあるわけですが、この間もしも、決定された新元号がばれて、他の報道でスクープされてしまった場合はどうなるのでしょう?その場合、元号の変更もあり得るということだそうです。各報道社も、他社に先駆けて新元号を報道したいのは当然ですが、政府もそれは絶対に許さない構えですね。

新元号の決定も、発表当日の1時間10分前まで決定されない、ぎりぎりまで決定をせず、決定したら即公表と、ここまで新元号って機密事項なんでしょうかね?決定までに5つの案を提示するそうですが、その5つを発表したらマズイのでしょうか。

4月1日といえばエイプリルフール、フェイクニュースが心配

この日は、エイプリルフールですよね。あざす報では、以前もこんな日に新元号を決めたら嘘ニュースの格好の餌食と書いておりましたが、まさに10時20分から11時30分の間にフェイクニュースが出てこないか心配しております。そしてそれがもし、偶然にも新元号と決定されたものと一致してしまったらどうなるのでしょうか。

平成元年とは違い、現代では誰でも世界中に自分の記事を配信できる時代です。平成元年当時はテレビ、ラジオなどで新元号「平成」を知った人がほとんどでしょうが、現代ではそうとも限りません。いつも読んでいるブログ、SNS等で新元号を知る人も多いと思いますから、いち早くそれを書きたいのは私を含め皆同じでしょう。フェイクニュースで話題を取りたい、アクセスを伸ばしたいと考える人もいないとは限りませんよね。

国民の考える新元号1番人気、安久の可能性は低いそうです

民間のアンケートによる、新元号1番人気となった安久ですが、これが採用される可能性は低いようです。政府関係者によると、安久は俗用の一種に当たるので、なるべく避けると見解をみせております。他、アンケートで人気だったものも、可能性は低いということですね。今回は今上天皇が譲位によって新元号になるという、異例の事態ですのでこのような民間のアンケートも実施できました。それで国民が最も多く望んでいるものは俗用の一種にあたるからと言われるのは何かおかしいような気もしなくはありません。

新元号公表は、Youtubeライブ、ツイッター、インスタグラムでも行われる

公表の瞬間を見るには、テレビだけではなく、Youtubeでもライブ中継されるということです。また、首相官邸の公式アカウントでフェイスブック、ツイッター、インスタグラムでも公表するという事です。
首相官邸Twitterからのお知らせ
ツイッターの首相官邸公式アカウントより

政府広報オンラインの、新元号発表生中継をみるにはこちら