警察が早朝に自宅へやってきて家宅捜索、逮捕される

逮捕しに自宅に来るのは早朝5時から6時ぐらい

現行犯逮捕ではなく、自宅に警察が逮捕しに来るとしたら、時間は早朝が多いです。その理由は、普通の生活をしている人ならば寝ている時間帯で確保がしやすいとか、この後手錠をされて車で署まで連行されるわけですが、近所の人の目にとまりにくいとか、そういった理由らしいです。

まず家宅捜査令状を確認するように言われて、すぐにガサ入れ

裁判所から家宅捜査の許可が下りて、令状があれば警察官が容疑者の自宅や車等を調べることができます。まず犯行に使われたものを自分の意志で警察官の目の前に出すように言われるでしょう。その後、めぼしい所を警察官が数人がかりで証拠品探しします。

実際警察が早朝に逮捕しに来たところを撮影している動画がYoutubeにアップされているので以下に動画を置いておきます。

午前6時50分に警察が公務執行妨害の家宅捜索令状と逮捕状を持って家に来ました

捜査員は、逮捕の前の日から、容疑者の行動パターンを見ていて、確実に在宅している時間を絞り込んでやってきます。誰が見てもすぐ警察とわかるパトカーではなく、一見一般の普通の車で来ます。玄関前で家宅捜査令状を確認するように言われます。家宅捜索で証拠が出てくれば、警察24時などの番組でよく出てくるように、「〇〇の容疑で〇時〇分、逮捕します」と言って、手錠をされて逮捕されることになります。

また、犯行現場が自宅の場合、容疑者の指でその現場を指し示して写真を撮影されるでしょう。これも警察24時などの番組でたまに出てくるので、見たことある人も多いでしょう。また犯行現場が自宅ではない場合、その現場に移動したあと、同じように容疑者自身の指で現場を指し示して写真を撮影します。そして、証拠品と共に警察署へ連れていかれます。

殺人事件のような大事件と、それに比べれば軽微な犯罪では、方法が違います。

署に連行されてから、学校や職場に連絡はいくのか?新聞に載るの?

この後は、署で取り調べを受けることになります。拘留されるか、釈放されるか、どちらかになると思います。特に逃走や証拠隠滅の恐れがない場合は釈放されます。釈放されれば、学校や職場に知られることもないということもあり得ます。逮捕されればマスコミに必ず報道されるわけでもありません。ただし、両親などには確実に連絡がいきますけど。

※私は弁護士や警察関係者ではありませんので、文章の内容に誤りがございましたらお詫びいたします。このようなことがないよう、皆さまお気を付けください。