自宅レトロゲーセン化計画、4分の3スケールのゲーム筐体先行予約開始

スペースインベーダー、パックマン/パックマンプラス、ギャラガ/ギャラクシャン、ゲーセンの筐体が自宅に置ける

かつてゲームセンターに置いてあったゲーム筐体の4分の3サイズで、家庭設置向けのゲーム筐体がARCADE1UPとして2018年12月20日発売予定、数量限定で販売されるそうです。9月18日から先行予約受付開始されました。価格は53,892円からになります。もちろん家庭用電源でプレイできるそうです。3筐体とも、発売元は株式会社タイトーです。

Arcade1Up スペースインベーダー(日本仕様電源版)【数量限定】

新品価格
¥53,892から
(2018/9/18 20:19時点)

スペースインベーダー

タイトーから販売されるスペースインベーダー。画面はカラーとモノクロを選択できるようです。

Arcade1Up パックマン・パックマンプラス (日本仕様電源版)【数量限定】

新品価格
¥53,892から
(2018/9/18 20:25時点)

パックマン、パックマンプラス
ナムコのパックマン、パックマンプラスの筐体。ゲームは海外仕様で、国内流通したゲームと若干異なる可能性があるそうです。

Arcade1Up ギャラガ・ギャラクシアン (日本仕様電源版)【数量限定】

新品価格
¥53,892から
(2018/9/18 20:29時点)

 ギャラガ、ギャラクシャン
ナムコのギャラガ、ギャラクシャンの筐体です。こちらもゲームは海外仕様だそうです。ディスプレイのサイズは17インチです。

ARCADE1UP紹介動画

サイズは、幅483mm、高さ1163mm、奥行き584mm、重量は約25kgだそうです。ちなみに100円は入れなくてもゲームプレイ可能だそうです。