俺たち天下のゆとりーマン、youtubeおすすめチャンネル紹介

ホワイト企業、ブラック企業、公務員、高校生、大学生、やや裏稼業も扱うチャンネル

俺たち天下のゆとりーマンとは

俺たち天下のゆとりーマン
ここをクリックしてチャンネルへ行けます

時は20××年。 社会はサラリーマンと呼ばれる、給料のために労働を続け、疲弊する大人で溢れていた。 企業はカラーで二分化され、優良企業はホワイト企業、劣悪企業はブラック企業と称されている。(チャンネル概要より引用)この説明の様に、企業で働く4人を中心に動画のストーリーが展開されて行く回が多いチャンネルです。ですが、高校生活や大学生活の話しの回もあり、少ないですがパチプロ、スロプロ生活を動画にした回も存在します。社会人として働いている回も、公務員(県庁職員、市役所職員等)、民間企業等、毎回毎回様々なストーリーが展開されています。

私はこのチャンネルをチャンネル登録しています。すべての回と、チャンネル登録30万人突破記念の生ライブを見たのですが、私なりの意見でこのチャンネルを紹介したいと思います。主な登場人物は4名で、ホワイト氏、ブラック氏、テング氏、ゆとり氏となっており、この中の誰かが主人公となります。全員が男性で、中学が同じ同学年だそうです(2020年11月29日の生放送で判明しました。ゆとり以外は中学1年の時、同じクラスだったとお話しされていました。)。女性が登場する回では女性の服とカツラを付けた人形が登場することになります。声は機械ボイスで女声を演じているようです。また、テング氏がカツラを付けて女性を演じる事も有ります。

登場人物紹介

本当にこのチャンネルは動画によって同じ名前の登場人物でも様々な役どころを演じられており、特にテングとゆとりはいろいろな役を演じるので、主だった役どころのご紹介になります。(敬称略)

ホワイト

ホワイト
企業の社長、上司や先輩、団体のリーダー役がメイン。他の人よりも年齢が上という役柄になっています。仕事においては後述するブラックよりもできるというか、超人的な能力を持っています。ホワイトという名前から、ホワイト企業の社長かと思っていましたが、そうではなくブラック企業の社長役も多いです。オープニングムービーで、四季報を投げつけるシーンも印象的です。

ブラック

ブラック
企業の若手エリート社員、役員。大学や高校では成績トップながら学業にこだわりを見せずに振る舞い、女性にモテる。稀に失敗する動画もあるけど、優秀な人物を演じています。動画の概要欄を記入されていることが多く、とても良い事を書かれていると感心します。また、動画のストーリーやサムネイル作成なども行っているようです。本当に初期の頃は喋らない人物でしたが、急に普通にしゃべるようになりました。

テング

テング
企業の取締役クラスから中間管理職、若手社員と様々。ゆとりのライバルだったり、ブラックのライバルとしての登場もあったり。時には若手社員として悩むゆとりの良き先輩としても登場。最も動画によって違ういろいろな役を演じられる人です。たまに動画の締めでゆとりに鼻を叩かれて鼻を折られてしまう事もあります。学生役を演じる場合は、成績に最もこだわり、名門大学入学を意識したり、一流企業への入社内定に一番こだわる人物です。
テン子ちゃん
さらには女性役を演じる事もあり、その場合は名前がテンコちゃんになります。

ゆとり

ゆとり
漢字表記は「湯鳥」で、実際漢字表記も多いです。趣味はパチンコで、演じられている人も実際パチンコ好きです。企業ストーリーではゆとり世代の新入社員で出来が良くない社員を演じることが多いです。学生ストーリーでは、ダメ学生、ヤル気がない学生だったり、平均的な役が多いです。女性にはあまりモテないようです。
ゆとり父親
ゆとりの父親が登場する場合1人二役となり、ひょっとこのお面にヒゲが追加されて区別されています。

キツネ

キツネ
金キツネ、赤キツネ、白キツネなど、脇役として登場することがあります。取引先の人物や、ゆとりやテングの同僚、敵役などを演じています。主役として登場することはありませんが、名脇役としてしばしば動画に登場します。画像は金キツネがコミケで転売ヤーとして登場し、テングの敵役となった時です。

アイちゃん

アイちゃん
若い女性やクラスメイトの女性として登場する女性です。女性の服とカツラをつけた人形です。女声はコンピュータボイスです。男性に人気がある、美人です。名前は恐らくAI(エーアイ)から取ったものと思われます。

ストーリー以外の面白いと思う点

グラスが全て紙コップ

紙コップで乾杯
飲み会、会社学校内で飲み物が出るとき、ガラスのジョッキ等は使わず、小道具は全て紙コップまたは使い捨てのプラスチック製のコップで出てきて、紙コップで乾杯することも。居酒屋らしき店内でも、みんな紙コップってのがおかしいです。

女性は人形である

前述のように、テングが女性を演じる事もありますが、基本人形が女性を演じて声はソフトを使って出しているようです。これが逆に面白く感じます。

BABY誕生、顔が父親のお面

テング、ゆとりが父親になり、赤ちゃんを抱くシーンがあるのですが、その時の赤ちゃんの顔が父親のお面そのもので、面白いです。

俺たち天下のゆとりーマンを見てみる(チャンネルへ)