シャブ山シャブ子17歳の動画、専門の医師は「あんな中毒者はいません」

相棒season17 第4話登場、シャブ山シャブ子17歳の衝撃的動画

公園のベンチで携帯電話を使い電話連絡している刑事の背後から、ハンマーを持って近づいてくる。そののち、そのハンマーを刑事に向かって振り下ろし撲殺するシーン。警察の取調室で、腕にたくさんの覚せい剤注射跡を見せつけるシーン。シャブ山シャブ子17歳を自称した、西田信子(にしだのぶこ)43歳。このシーンを演じたのは女優の江藤あやさん。

このドラマ全体ではほんのちょっとの時間(1分ほど)であったのに、ここまで話題になったシーンは少ないでしょう。youtubeにて、このシーンを見ることができます。


シャブ山シャブ子の衝撃シーン 相棒season17 #4

薬物中毒専門医師からは、こんな中毒者いないと評される

プレジデントオンライン「シャブ山シャブ子」を信じてはいけない記事によりますと、このような中毒者はいないということで、これは薬物中毒者の症状ではないと書かれております。この記事にも書かれている通り、日本で一生住んでいても大半の人は覚せい剤中毒者の症状を一度もみる事もないと思いますので、本当の症状を知らない人も多いと思います。

女優の江藤あやさん

江藤あやさんのツイッターより

江藤あや
相棒に出演したことを告知されております。画像をクリックすると、江藤あやさんの記事を見ることができます。

江藤あや
江藤あやさんの素顔です。ツイッターのトップページで公開されているものです。