Youtubeの動画ダウンロードができなくなったので、最後の手段はこれ

Youtube動画ダウンロードサイト、ほとんどダウンロードできない状態に

Youtubeも規制が厳しくなってきましたね。2017年ごろまでは、テレビ番組をそのまま記録しただけの投稿が長期間見られたのですが、最近はそのような動画が削除されて無くなってしまっていることが多くなりました。確かに決まりを守るうえでは当然の事ですから著作者の権利を守るのはYoutubeに限らず必要な事です。

Youtube等の動画をダウンロードして保存したい場合、ソフトウエアを使わずともパソコンのブラウザ上でダウンロード、保存できるサイトがいろいろありますが、ほとんどの動画をダウンロード不可だと思います。OnlineVideoConverterclipconverter.ccといったサイトが使いやすくて重宝しておりましたが、ダウンロードできないエラーを見ることが多くなりました。もちろんこれらのサイトで、ダウンロードできるYoutube動画もあります。

エラー画面
OnlineVideoConverterで動画のダウンロードに失敗したメッセージ。
clipconverter.ccでは、Conversion failed :-( This video is not available.とメッセージが返される。

これからの記事は、著作権保護されている動画には使用しないようにしてください。著作権保護されている動画を違法にダウンロードすることを助長するためではございませんのでご了承ください。

どうしても保存したいならば画面キャプチャーソフトを使おう

ダウンロードして保存ができないのならば、画面に映っている映像とスピーカーから流れる音声を、まるでビデオデッキやHDDレコーダーの要領で録画して動画を保存してしまえばよいですね。ダウンロードと違い、動画を再生して終了まで録画し続ける必要があるので時間はかかりますがそれでもどうしてもと仰るのならば、この手しかないでしょう。

私はずっと昔からBandicamというソフトを使っていろいろなものを動画ファイルとして保存しております。現在では後継のGOM Cam(ゴムカム)というソフトになります。私はライセンス料を支払ってクレジット表示のない有料版を使っておりますが、無料で使用することも可能です。全て日本語表記のソフトで、画面に再生されている動画を保存するほかにも静止画のキャプチャ保存、ゲームのプレイを動画で保存したり、接続されているカメラの動画を保存することも可能です。また、音声だけで良い、音声ファイルを作りたい場合も音声ファイルだけにすることが可能です。



ダウンロードしても合法なのに、普通のYoutube動画ダウンロードサイトでは動画ダウンロードに失敗する際は、画面キャプチャーするソフトを使用して保存できるということです。この方法を使う場合、録画中にWINDOWSのシステム音とか他の余計な音も録音されます。また、他のウィンドウを録画範囲に重ねちゃうとそれがそのまま録画されちゃいますので、ご注意を。

1970年から80年代のころ、テレビのスピーカーにラジカセを近づけて好きなアニメ番組の曲を録音、そんなときに限って家族に呼ばれて親の声まで一緒に録音されていたのを思い出しますね。ここまではシビアではないですけど。