訃報、漫画家さくらももこさんが亡くなる

ちびまる子ちゃん作者、15日に乳がんで死去

ちびまる子ちゃん

ちびまるこちゃんでおなじみの漫画家、さくらももこさんが2018年8月15日に乳がんで亡くなりました。53歳の若さで突然の訃報です。

西城秀樹さんは、自身がファンだった

ちびまる子ちゃんではお姉ちゃんが大ファンという事になっておりますが、さくらももこさん自身が西城秀樹さんの大ファンだったそうです。今年その西城秀樹さんがお亡くなりになり、同じ年にさくらももこさんもお亡くなりになるとは。

私よりも少し前の世代の小学生、あるある話

ちびまるこちゃんの話しは、昭和40年代の小学生の話しです。私よりも少し前の小学生の話になります。放送開始当時は、同じような年代の方々が主な視聴者だったのではないかと思いますので、私も含め、こういう事小学校であったなと懐かしく思い出された方も多かったでしょう。今の小学生にはどう感じるか、話がわかるのかと思いますが。

1990年から放送開始、いったん放送が終わって1995年から第2期放送が始まってからは現在までずっと放送を続けているところをみると、やっぱり現代の子供にも受け入れられているのだなと思います。

独特の存在花輪君が好きでした

私は花輪君のキャラクターが好きでした。花輪君は生き物係にまるこちゃんと一緒になる初回登場のみの予定だったらしいですね。のちに家が大金持ちという設定になり、レギュラーの一人となりました。ひでじいが、花輪君以外の小学生にも〇〇様と呼んでいたのが印象に残ります。