千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手、甲子園でプロ初勝利

5回を投げて4失点、6回に味方が逆転する

千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手が1軍戦2戦目にして初勝利。阪神甲子園球場で行われたセパ交流戦の対阪神タイガース3回戦にて先発登板。5回まで4失点でしたが、6回に味方が逆転し、6回からは継投リレーで勝ち投手となりました。

佐々木朗希プロ初勝利
試合終了の瞬間の佐々木朗希選手

150キロ代の直球で三振をとるも、落ちる球がいま一つだったか

高校時代に記録していた160キロ代のストレートはまだ見られませんね。直球の球速は150キロ代前半ぐらいでした。この日、三振も奪ってましたが、落ちる球の落差が今一つだったように思えました。勝負球にストレートしか使えず、それを狙われていた感もありました。タイガース打線の当たりも、しっかりとらえているものの、野手の正面にいったという当たりが多かったように思えました。4失点の内訳も、味方のエラー絡みもあり、前回の登板であったライオンズ戦に続き、エラー絡みの失点も痛かったです。

2回には、ツーアウトから阪神のアルカンタラ投手にタイムリーを打たれて逆転されました。これも、ピッチャーに打たれたという点では勿体なかったかな。150キロのストレート、甘い球ではなく、アルカンタラ投手の上手いバッティングでした。

初先発同様、先頭打者ホームランで先制した試合

1回の表の千葉ロッテマリーンズ先制点は、1番荻野選手の先頭打者初球打ちホームランでした。ライオンズ戦でも1回に先頭打者ホームラン、2番マーティン選手の2者連続ホームランがありましたね。いい形で先制点をもらえていますね。

打つ方では2打席連続の見逃し三振

セリーグの主催ですから、佐々木朗希投手も打席に立ちます。打つ方は、2打席連続で見逃しの三振でした。相手のピッチャーにタイムリーを打たれているので、自分もという気持ちがあったのかは分かりませんが、パリーグの投手なのでプロに入ってから打撃練習はしていなかったでしょうから、プロの球を打つというのはほぼほぼ無理でしょうけどね。

これから先発ローテーションに入っていけるか?

前回のプロ初先発では、試合終了直後に調整の2軍行きになりました。恐らく、ランナーがいるときのクイックに問題があったのではないかと思われますが、これから1軍の先発ローテーションに定着できるでしょうか。あと、球速は160キロを超える直球がプロのマウンドで見られるのはいつになるでしょうかね。


5月27日【阪神 vs ロッテ】FULL ハイライトvs ホームラン | プロ野球2021