WordPress記事をTweeterで自動投稿、記事の更新でも自動投稿させたい時

WordPressの投稿を更新した時も、Tweeterに自動投稿したい時に使えるプラグイン

Jetpack等の、SNS自動更新では、記事の新規追加では自動投稿してくれますが、記事を更新しただけの場合は自動投稿してくれません。特に、ワードプレスを一般のウエブサイトのように使用されている方は、過去記事を更新して投稿することも多いかと思います。更新の場合もツイッターに自動投稿したい、そんな時はRevive Old Postsというプラグインが使えます。

Revive Old Postsプラグインとは本来の使い方は

過去に投稿した記事の、指定した範囲内でランダムに記事を選択して、自動ツイートしてくれるのが本来の使い方。しかし私は、本来の使い方よりも、更新の際にもツイッターに投稿できる機能に満足しております。私は、ワードプレスを一般のウエブサイト同様に使用しているので、過去記事を更新することが多いのです。そういう人にはとても便利でしょう。

Revive Old Postsの設定

General Settingsタブをクリックして、表示させます。
Use True Instant ShareのYesにチェックを入れて、有効にします。

これで準備完了。他の設定は、他の機能もご使用するか否かで、決定してください。そして、過去記事を表示させてみましょう。画面右上に、Revive Old postsというウィジェットができたと思います。 Share immediately via Revive Old Postsと、ツイッターアカウント両方にチェックを入れて、記事を公開するとすぐにツイッターにも記事が投稿されます。これは、新規投稿にも使えますので、新規で記事を投稿した場合も同様にすれば良いでしょう。

このプラグインには、有料版もありますが、これらの機能は無料版のままでも使用できる範囲です。